Search this site
設計屋が古都鎌倉に古民家を購入。
敢行されるリノベーション(古家再生)の顛末はいかに?
果たして「餅は餅屋」と言い切れるか・・・?

家:http://m-atelier.jp/
別:http://m-atelier.jugem.jp/
<< ■耐震補強のはなし | TOP |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
■リノベーション成功の秘訣
「なんで中古のリフォームなの?」
「新築するには資金不足だったの?」

いやいや、新築する資金がなかったから古屋を買ったわけではないわけで・・・。


長い間残っているモノには、残すべき理由があるはずです。
そこに敬意を込めつつ、自分らしく暮らしたい。
もしくは時間と共にくすぶってしまったものを、もう一度輝かせたい。

・・・そんな想いです。

それに新築でこの風情は出せませんよ。


リノベーション成功の秘訣は・・・。

「不動産はできるだけ安く買って、できるだけ多くの資金で自分に似合った家に修繕する」
不動産取得に全精力を注ぎ過ぎて「工事費はこれしかないんです・・・」となると、残念な結果になりかねません。

一度でも人の手に渡ったモノは、日本では「中古」扱い。
そんなことにこだわらずに、内見時の現状よりも修繕後の自分たちの生活スタイルをイメージできる目を持ってください。

家は変えられますよー。
買って終わりじゃないんです。

あ、でもこのブログはこれにて終わり。(意外とあっさり)


今後は「ナリワイノモト」を復活させようと思います。
現場の進行状況や自慢話など、思いつくままに記していこうかと。
おヒマな時に覗いてやってくださいませ。

ありがとうございましたー。

posted by ミヤタカズヒコ | 15:37 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 15:37 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kamakurahouse.jugem.jp/trackback/81
トラックバック