Search this site
設計屋が古都鎌倉に古民家を購入。
敢行されるリノベーション(古家再生)の顛末はいかに?
果たして「餅は餅屋」と言い切れるか・・・?

家:http://m-atelier.jp/
別:http://m-atelier.jugem.jp/
<< ■お金のはなし | TOP | ■リノベーション成功の秘訣 >>
■耐震補強のはなし
回の東日本大震災に思うこと。

あれほどの大震災ともなると話は別ですが、やはり必要です。

耐震補強・・・

特に新建築基準法(1981年(昭和56年)6月1日施行)以前の建築物、つまり築30年以上が経過している建物は要注意。

いわゆる古民家、古屋といわれるような建物は、とても風情があって魅力的です。
個人的にも大スキですし、我が家も築50年の古屋。
しかし「カッコいい」だけでは生活はできません。

実際、築40年以上の建物を解体してみるとほとんどの場合、筋違いがない。
つまり耐震壁がない・・・。
これでは耐荷重はあっても、横揺れには耐えられません。
さらに基礎に鉄筋が入っていない無筋コンクリートのケースも多々あります。
基礎にベースがないこともめずらしくはありません・・・。

では耐震工事の費用は?
と言われても、「坪いくら」と簡単には話せません。
ケースバイケース。
工事費100万円で済むこともあれば、500万円程度必要な場合もあります。(仕上げ別途)
まずは設計屋に相談して現地調査を依頼することをおススメします。
これから古屋付土地を購入してリノベーションを検討されているようであれば、契約書に押印する前に是非。

ちなみに私の場合、簡易耐震診断なら3万円で請負っています。

これは耐震性を保証するモノではありませんが、基礎の補強や耐震壁の新設、屋根の軽量化等費用も含めて客観的なアドバイスはできると思います。


こちら↓は現在進行中の耐震補強+リノベーション工事の様子。
下地からやり直しです。


新設された耐震壁も含めてすべての外壁にグラスウールを充填して、断熱性もアップさせます。
カッコいいだけではありません。
強くて快適な家にお色直し。
posted by ミヤタカズヒコ | 00:55 | ■ケンチク | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 00:55 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kamakurahouse.jugem.jp/trackback/74
トラックバック