Search this site
設計屋が古都鎌倉に古民家を購入。
敢行されるリノベーション(古家再生)の顛末はいかに?
果たして「餅は餅屋」と言い切れるか・・・?

家:http://m-atelier.jp/
別:http://m-atelier.jugem.jp/
<< ■オール電化・・・その後 | TOP | ■耐震補強のはなし >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
■お金のはなし
のブログもそろそろ終盤。

で、いちばん気になるお金の話を少々。
(以下、2010年10月現在の話です・・・)

古屋のリノベーションの場合、規模や耐震補強の規模にもよりますが、基本的には800万円〜1600万円くらいの工事費になると思います。

上記の場合の工事範囲と仕様は・・・

・好みに応じて内装の一新
(床は無垢板のフローリング、壁は漆喰や塗装にすることが多いです)

・適宜耐震補強
(築25年と50年ではこれの占める割合がかなり違ってきます)

・外装は老朽化の著しい部分のみ一新
(陽のあたる南面と西面の老朽化が顕著です。2階建の場合は足場も必要)

・外部建具の交換
(ここはあまり手を付けないことをおススメしています)

・屋根の葺き替え
(それなりの予算が必要です)

・水廻りの一新
(予算次第でグレードもかなり違ってきます)

・行政が関係してくる増減築や形状変更は、いわゆる「リノベーション」の域を超えているので、ここでは別枠

・・・という感じです。

当然、上記の工事範囲も仕様も予算に応じて大きく変わってきます。
単価でいえば、35万円/坪〜45万円/坪くらい。

設計+現場監理料はというと、ウチの場合100万円〜200万円(除税+交通費)くらいで前後します。
800万円の工事でも100万円の設計料はいただきます。
「工事費の10%が相場じゃないの?」と思われるでしょうが、「工事費をいかに下げるか」というところがなかなかの問題で、安くおさめる設計+工事のほうが大変なわけ。
逆に予算がある程度確保されていると、設計もまとめやすいし、工事もスムーズに進められます。

「設計+現場監理料100万円」と聞くと「高っ!」って思います?
でも「5〜6ヶ月間の仕事の報酬としての100万円」と考えてもらえれば、決して高くはないと思いますよ。
100万円以上の仕事をしている自信もあるし、「もう少し安くならない?」と値切られたこともありません。
「意外と安いですね」なんて言われることは時々あるけど・・・。
まぁ、あまり「ビジネス」という意識はないんですがね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「リノベーション大作戦」を成功させるためのアドバイスとしては・・・
「あれもやりたい!これもやりたい!」
と、やりたいことを足算していくと、どうしても見積書の項目は増えていきます。
「予算は900万円だけど、その中でどんなことができますか?」
そんな問いかけからスタートすることが作戦成功の秘訣かと。

ただしそこには信頼できる設計屋の存在が大前提。
財布の中身まで見せられる人か否か・・・
そのへんが判断基準かと。
「ホントにこの人でいいの?」
って腹の探り合いなんかしたくないですよね。

かと言って「3社でコンペ」なんていうのもキライです。
なんだか自分を試されているようで。
「キレイな平面図と簡単な見積書」よりも、もっと深い人間的な部分で判断してほしいものです。


今年の2月、この家を初めて見た時はこんな感じでした。
床も土台も腐っていて、柱も梁も傾いて・・・


で、契約して所有権変更登記も済ませ、5月に解体が始まるとこうなって・・・


7月には補強と下地が完成して・・・


で、8月の引越後にはこうなった・・・


これら、同じアングルの写真です。
日本の古屋も捨てたもんじゃないですね。

上段の状態で下段がイメージできないと、設計屋にはなれません。
決して行き当たりばったりで考えているわけではないので。
いわゆる各種デザイナーってそんな職業です。
(デザイナーっていう軽い言葉はキライですが・・・)
 
posted by ミヤタカズヒコ | 16:16 | ■ツブヤキ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 16:16 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kamakurahouse.jugem.jp/trackback/64
トラックバック