Search this site
設計屋が古都鎌倉に古民家を購入。
敢行されるリノベーション(古家再生)の顛末はいかに?
果たして「餅は餅屋」と言い切れるか・・・?

家:http://m-atelier.jp/
別:http://m-atelier.jugem.jp/
<< ■小庇ノチカラ | TOP | ■工事のはなし >>
■ビニルクロスの罪
のクライアントのほとんどすべての人たちは・・・

「ビニルクロスはイヤッ」
みなさん口をそろえてそう言います。

私も嫌いです、ビニルクロス・・・。
結局は何かのイミテーションなんですよね。
和紙だったり、珪藻土だったり、漆喰だったり、織物だったり・・・。

「だったら本物の素材で仕上りゃいいじゃん」
単純にそう思います。
「え?なんですか?予算がない?」
でもそこはケチるところではないと思うのです。
上手くコストコントロールすれば、それほど大きなコストの違いはありません。
壁は重要ですよ、贅沢してもいい部分です。
また部分的に壁を化粧してあげると、とても引きしまった印象の空間になります。

というわけで、うちの洗面・脱衣室はこんな感じ↓で色と素材で遊んでいます。
2面はOP(油性)塗装、他の2面はモルタルの上にウレタン塗装。
白塗装の壁も清潔感があって、その上部屋が広く見えていいんですが、こんな感じも面白いでしょ?
決して高価な仕様ではないんですが・・・。
要は感性の問題です。
天井のトップライトからは光がサンサン。




では赤と青で壁を塗り分けたりしたら・・・?
それもアリだと思いますよ。
ただし絵具のような原色ではちょっと・・・。
少し明度と彩度を下げて調色してあげれば、面白い空間になると思います。
で数年後、それに飽きたらまた違う色で塗り直せばいいんです。

洗面所内のオープンなトイレも思いのほか落ち着きます。
それに最近のトイレは脱臭機能が非常に優秀で、つぎに入った人が不快・・・、ということもないし。
狭い空間で仕切るよりも絶対的にオススメ。
コストも壁がない分、安くなります。


デンマーク製 vipp のペダルビンとトイレブラシ。
80%OFFの激安セールで入手しました。
ラッキー・・・
定価じゃとても買えません・・・。
posted by ミヤタカズヒコ | 14:53 | ■ナイソウ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 14:53 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kamakurahouse.jugem.jp/trackback/61
トラックバック