Search this site
設計屋が古都鎌倉に古民家を購入。
敢行されるリノベーション(古家再生)の顛末はいかに?
果たして「餅は餅屋」と言い切れるか・・・?

家:http://m-atelier.jp/
別:http://m-atelier.jugem.jp/
<< ■仕事部屋と風呂も見て〜 | TOP | ■小庇ノチカラ >>
■私のスキな家具
リッシュ ポラン マテゴ プルーヴェ ムイユ ペリアン・・・。

何かの呪文?って感じでしょうか?
ミッドセンチュリーに活躍した、フランス人デザイナーたちの名前です。

まだまだ日本での知名度は低いと思います。
でも彼らが作ったプロダクト、現存数も流通量も少ないので一部のマニアの間では高値で取引されているようです。
500万円の椅子とか、1500万円のキャビネットとか・・・。
なかには文字通り「桁違い」なアートピースもあります・・・。

50〜60年代のフランスの家具。
スキですねぇ。
なぜか「和」に通じる香りもプンプンします。

よくよく考えたら、これらのプロダクトが生産された年代と、我が家が新築された年代はほぼ同じ(1960年前後)。
だからでしょうか?
これらの家具、違和感なく古屋に溶け込んでいると思います。

こちらはピエール・ガーリッシュ(Pierre Guariche)デザインのラウンジチェア。
ファブリックもオリジナル。
少々カビ臭いようですが気にしません。


こちらはフランスはエアボーン社(AIRBORNE)のラウンジチェア+オットマン。
デザイナーは不明。
知っている人、教えてくださいー。
先日、ファブリックは張り替えました。


ソファはジョージ・ネルソン(George NELSON)のDayBed。
ペンダントライトもネルソンデザインでオリジナルバブルランプのアップル。
ハワードミラー社(Howard Miller)製。
こちらはアメリカ50’Sのプロダクト。

キャビネットはR・J・カイエット(Rene-Jean Caillette)のデザイン。
ローテーブルは陶芸家ロジェ・カプロン(Roger CAPRON)のデザイン。
これらはフランス50’Sのプロダクト。


カウンタースツールはフランスのビエネーゼ社(Bienaise)のプロダクト。
まだまだ謎が多いイスですが、かなりのレアモノ。
GRASのランプが好きな人にはたまらないテイストでしょ?きっと。
価値を知らない都内のアンティークショップの店頭に激安プライスで並んでいたモノを即決購入。
ラッキー・・・。


これらのお気に入りの家具たちが似合う家・・・。
実はそんな想いが我が家のデザインコンセプトの根底です。

そこに置かれる家具たちをイメージしながらデザインワークを進めないと、あとでチグハグな印象の家になってしまいます。
家具あっての家ですから。
posted by ミヤタカズヒコ | 09:37 | ■カグ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 09:37 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kamakurahouse.jugem.jp/trackback/35
トラックバック