Search this site
設計屋が古都鎌倉に古民家を購入。
敢行されるリノベーション(古家再生)の顛末はいかに?
果たして「餅は餅屋」と言い切れるか・・・?

家:http://m-atelier.jp/
別:http://m-atelier.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
■私のスキな家具
リッシュ ポラン マテゴ プルーヴェ ムイユ ペリアン・・・。

何かの呪文?って感じでしょうか?
ミッドセンチュリーに活躍した、フランス人デザイナーたちの名前です。

まだまだ日本での知名度は低いと思います。
でも彼らが作ったプロダクト、現存数も流通量も少ないので一部のマニアの間では高値で取引されているようです。
500万円の椅子とか、1500万円のキャビネットとか・・・。
なかには文字通り「桁違い」なアートピースもあります・・・。

50〜60年代のフランスの家具。
スキですねぇ。
なぜか「和」に通じる香りもプンプンします。

よくよく考えたら、これらのプロダクトが生産された年代と、我が家が新築された年代はほぼ同じ(1960年前後)。
だからでしょうか?
これらの家具、違和感なく古屋に溶け込んでいると思います。

こちらはピエール・ガーリッシュ(Pierre Guariche)デザインのラウンジチェア。
ファブリックもオリジナル。
少々カビ臭いようですが気にしません。


こちらはフランスはエアボーン社(AIRBORNE)のラウンジチェア+オットマン。
デザイナーは不明。
知っている人、教えてくださいー。
先日、ファブリックは張り替えました。


ソファはジョージ・ネルソン(George NELSON)のDayBed。
ペンダントライトもネルソンデザインでオリジナルバブルランプのアップル。
ハワードミラー社(Howard Miller)製。
こちらはアメリカ50’Sのプロダクト。

キャビネットはR・J・カイエット(Rene-Jean Caillette)のデザイン。
ローテーブルは陶芸家ロジェ・カプロン(Roger CAPRON)のデザイン。
これらはフランス50’Sのプロダクト。


カウンタースツールはフランスのビエネーゼ社(Bienaise)のプロダクト。
まだまだ謎が多いイスですが、かなりのレアモノ。
GRASのランプが好きな人にはたまらないテイストでしょ?きっと。
価値を知らない都内のアンティークショップの店頭に激安プライスで並んでいたモノを即決購入。
ラッキー・・・。


これらのお気に入りの家具たちが似合う家・・・。
実はそんな想いが我が家のデザインコンセプトの根底です。

そこに置かれる家具たちをイメージしながらデザインワークを進めないと、あとでチグハグな印象の家になってしまいます。
家具あっての家ですから。
posted by ミヤタカズヒコ | 09:37 | ■カグ | comments(0) | trackbacks(0) |
■ダイニング〜ッ
っと(1年くらい)探していたダイニングテーブル。

先日ようやく出会いました。
イルマリ・タピオヴァーラがデザインしたピルッカテーブル+ベンチのセット。
アルヴァ・アアルトやル・コルビジェに師事したフィンランドを代表する家具デザイナーのひとりです。

「フランスミッドセンチュリーの家具が多い空間にフィンランドの北欧系家具ってどうなの?」
と、多少の不安もありましたが、いやいや意外と馴染んでいます。
こんな感じ↓。


このピルッカテーブル。
華奢な構造故、残数が非常に少なく日本にも年間1〜2台入るかな?って感じのモノ。
それとほとんどのピルッカはキレイにリペアされていて、ピカピカで新品同様な印象のモノが多い中、これはなんと奇跡のオリジナル。
リペア歴なし。

4〜50年も前のものですから当然傷があったり、日焼けしていたり。
でも個人的には全く気になりません。
むしろ歴史を感じて愛着が持てるかなと。
その上リペアの費用が加算されない分、かなりお買い得・・・。

H
寸法が680mmと低いせいか、妙に広がりを感じてどっしりと落ち着いた印象。
オリジナルの疲れた感じとスケルトンの天井も相性〇。
W1800なので6人くらいは余裕で座れます。


ペンダントライトはジョージネルソンのデザインでバブルランプのシリンダー。
モダニカ製のレプリカじゃないですよ。
Howard Millerのオリジナル、へへへ。(自慢)
posted by ミヤタカズヒコ | 00:09 | ■カグ | comments(0) | trackbacks(0) |
■情熱の家具!
なさん、どの程度の情熱を持って家具・備品を選んでいますか?

個人的な見解では、家のクオリティは家具・備品で決まると思っています。
設計屋でありながら、建築自体はあまり自己主張するべきでないと。

どんなにステキな家であってもホームセンターのインテリアコーナーで買ってきたソファを置かれたら、終わりです。

まだまだ荷物が整理しきれていませんがスナップをいくつか。
詳細(自慢)は後日!

こちら↓はリビング。
建物が持つ和の存在感と、フレンチモダンな家具たちは意外と相性がいいんです。
ね?


こちら↓は大工とタイル屋が作ったキッチンカウンター。
インダストリアルなイスやランプが雰囲気を変えてくれます。


こちら↓はアンティークの着物生地をデニムにキルティングしたタペストリー。
客人がこの1枚を見れば、家主の趣味を理解してもらえますよね?
MIZRAにて限定品を購入。


こちら↓は私の新アトリエ。
ほとんど趣味の部屋です。
雑然としていますが、自分で選んだモノたちに囲まれた、とても落ち着く空間です。
ここにいると、仕事もついつい脱線しがちですが、そんな時間も必要だったり。


「このイスが好きだから、これが似合う家にして」
そんなクライアントのこだわり、大好きです。
それがどんなイスであっても問題はなし。
こだわりの有無が問題なのです。
posted by ミヤタカズヒコ | 09:29 | ■カグ | comments(0) | trackbacks(0) |
■IKEAって
IKEA。

もう皆さん知ってますよね?
スウェーデンの大型家具量販店。

いつ行っても混んでいます。
週末なんか駐車場待ち。
客層は若いカップルが多いかな、という印象。

IKEAのデザイン力+企画力、どう思います?


個人的には悪くないと思います。
とはいえ、なんでもかんでもIKEAで揃えました、では芸がない。
私はIKEAのステンレス製品がスキです。
特にGRUNDTAL/グランドタールシリーズはいいですねぇ。
我が家のキッチン周辺にもちょくちょく登場します。


もちろん価格的にも納得の設定だし、デザイン的にも懲りすぎず地味すぎず。
なぜか国産のステンレス製品は高い。
おまけにグッとくるデザインのモノはほとんどない・・・。

「IKEA?安売り家具屋でしょ?キライ」
なんて言わないで上手くセレクトすれば、思いのほかイイ方向に化けてくれます。

先入観に囚われずにいいモノを見分ける目、必要ですよ。
posted by ミヤタカズヒコ | 14:58 | ■カグ | comments(0) | trackbacks(0) |